新着情報

福井の科学者 第139号

ロシアによるウクライナ侵略から8ヶ月/ 戦争のリアル 小野 一
飼料高騰のもと,酪農の危機を打開するには 加藤 武市
日本で最初に再稼働した, 老朽原発の関西電力美浜3号機の現状 山本 雅彦
=小特集 再エネ・省エネ= 南川サイフォン式水力発電と地域活性化事業 吉川 守秋
省エネ・再エネのバリア -ケーススタデイから- 宮本 重信
閾値判定からリスクシナリオの技術基準へ -地下水の熱利用で- 宮本 重信
=編集後記=

続きを読む

福井の科学者2022年6月号 No.138

[緊急声明] ロシア連邦によるウクライナ侵攻と核発電所の占拠に強く抗議し、ウクライナからの即時撤退を求めます
=大学教育 小特集=大学の自治と教育改革 -福井大学での共通教育改革の事例から-   寺岡 英男
学生の探究的学びのプロセスの事例研究 -福井医療大学の養護教諭志望学生の事例をてがかりに  森 透
「メディアと権力」の現在を考える ―『世界』連載「メディア批評」等を手がかりに―  伊藤 勇
-「重大な損害を生ずるおそれ」とは- 名古屋バックフィット訴訟判決  笠原 一浩
JSA「研究者の権利・地位宣言/倫理綱領」制定活動の検証と意見  髙木 秀男
北陸新幹線敦賀開業を目前にして、県民の足を守る運動と県政を問う  松原 信也
福井県における新型コロナ感染流行  村岡 道夫
[書評]井上武史著『原子力発電と地域政策/「国策への協力」と「自治 の実践」の展開』  小野 一
=編集後記=

続きを読む

福井の科学者第137号を追加

福井の科学者137号の目次=原発特集=
樋口講演「原発差止訴訟の転換点」の補足的解説・・山本 富士雄
原発耐震設計と「樋口理論」について・・山本 雅彦
樋口講演会から学ぶ,原発訴訟史の中の 福井地裁判決の位置づけ・・小野 一
原発事故における「残余のリスク」と「想定外」の批判・・ 山本 富士夫
構造物の信頼性設計:リスク評価と意思決定・・本城 勇介
戦中の科学動員と日本の原爆研究(2)・・高木 秀男
3.11津波被害の衝撃と福井における大津波の可能性・・山本 博文
映画「記憶」の上映会と「福井に子どもシェルターをつくる会」・・森 透
福井の科学者137号 編集後記・・宮本 重信

続きを読む

福井の科学者第136号を追加

福井の科学者136号の目次
憲法からみた日本学術会議への人事介入の問題点・・吉川 健司
若狭の老朽原発(40年超原発)の危険性・・山本 雅彦
東京電力福島第一原発事故からの<私の10年> ・・藤野間 幸英
戦中の科学動員と日本の原爆研究・・髙木 秀男
アニマルウエルフェアを配慮した養鶏経営・・加藤 武市
担当者としての異論の自由と事業の転換-県庁職場での事例から-・・宮本 重信
福井の科学者136号 編集後記・・宮本 重信

続きを読む